林農園の方針




林農園をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 

 林農園は、みなさまに安全・安心な果物をお届けしたいという想いで「低農薬・無化学肥料」への挑戦をはじめ、有機農法や減農薬栽培、土づくりを大切にした微生物農法に辿りつきました。果樹は土づくりでもあります。土には有機質肥料や堆肥・緑肥を使い、微生物の働きを最大限に利用し除草剤も一切使用せず、農薬は必要最低限の減農薬栽培で取り組んでいます。そうすることで果樹本来の力を引き出し、食味と甘味を高めています。


林農園の農産物加工品



林農園は、福岡県南部・筑後川が流れる自然豊かな土地で80年以上もの間、果樹やお米を作り続けてきました。その農産物を使い、林農園オリジナルの農産物加工品をつくり出しました。 加工品作りのスタートは、出荷できないたくさんの梨や柿をどうにかしたい。1年間手塩にかけて育てた作物を廃棄するのはもったいない、どうにかして活かしたい、というところから始まりました。「ようはいこう(養肺膏)」が最初でドライフルーツ、ジャムなど工夫を重ね現在に至りました。  林農園の農産物を中心に、足らない分を近所の農家さんなどに分けていただき、無添加で安心していただける、おいしい農産物加工品をお届けいたします。


林農園おすすめ加工品ギフト

「ようはいこう(養肺膏)」詰め合せギフトセット


果樹農家の梨まる搾りジュース ギフト 720ml×2本入


果樹農家のグラノーラ・ドライフルーツ詰合せ ギフト箱入

農園日記

梨の花・遅霜対策

現在、林農園は梨の花も咲き始め摘蕾・摘花作業をしております。遅霜に対応するためにスプリンクラー、扇風機20台を準備しました。霜害は梨の実自体が実らなくなるので、対策しないと大変なことになります。動画は霜対策のスプリンクラーでの花への水掛けによる温度低下を防ぐための試運転。扇風機も空気をかき混ぜ、氷点下にならないようにします。

私達のところでも新型コロナの影響も大きいですので今は耐える時期かと思っております。畑は安全ですが、それぞれが手洗いうがい、マスク着用・消毒を心がけて生活していかなければ!と私たちも取り組んでいます。とにかく早く収束してくれることを願いながら、梨畑での作業をそれぞれ励んでおります。 どうか皆様も、外出時は十分お気をつけになり、ご自愛ください。