林農園の方針




林農園をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 

 林農園は、みなさまに安全・安心な果物をお届けしたいという想いで「低農薬・無化学肥料」への挑戦をはじめ、有機農法や減農薬栽培、土づくりを大切にした微生物農法に辿りつきました。果樹は土づくりでもあります。土には有機質肥料や堆肥・緑肥を使い、微生物の働きを最大限に利用し除草剤も一切使用せず、農薬は必要最低限の減農薬栽培で取り組んでいます。そうすることで果樹本来の力を引き出し、食味と甘味を高めています。


林農園の農産物加工品



林農園は、福岡県南部・筑後川が流れる自然豊かな土地で80年以上もの間、果樹やお米を作り続けてきました。その農産物を使い、林農園オリジナルの農産物加工品をつくり出しました。 加工品作りのスタートは、出荷できないたくさんの梨や柿をどうにかしたい。1年間手塩にかけて育てた作物を廃棄するのはもったいない、どうにかして活かしたい、というところから始まりました。「ようはいこう(養肺膏)」が最初でドライフルーツ、ジャムなど工夫を重ね現在に至りました。  林農園の農産物を中心に、足らない分を近所の農家さんなどに分けていただき、無添加で安心していただける、おいしい農産物加工品をお届けいたします。


林農園おすすめ加工品ギフト

「ようはいこう(養肺膏)」詰め合せギフトセット


果樹農家の梨まる搾りジュース ギフト 720ml×2本入


果樹農家のグラノーラ・ドライフルーツ詰合せ ギフト箱入

農園日記

稲の作付に向けて

昨年は豪雨災害により、田へ水が来なくて大変でした。水を運んだり、雨が降るのを祈ったりしたものです。
今年は水が来るようになりました。地域の働きかけにより、国や市が動いていただき、
仮設ですがポンプアップにより水路に水が流れる予定です。本当に水のありがたさがわかりますし、
何より今年も田で米が育てられるのが嬉しいです。
その前に水利組合にて水路の土砂撤去をおこないました。

埋まっている部分が大変でした。機械も何も入らないので手作業です。

きれいになりました。

水路約1kmの長さで、2トンダンプ、のべ150台の土砂を撤去しました。

田んぼに流れてきた大きな材木や梁を片付けました。

試験で川からポンプアップにて水を水路へ流します。水量は少なかったですが、水が来るだけでも
ありがたいです。

これで稲の作付に向けての準備ができました。来週は種籾を苗箱に播く予定です。